おすすめ厳選 安心して使える人気の海外優良FX業者3選! XM,TitanFX,AXIORY!

海外FX比較ランキング 海外優良FX業者3選

海外FX業者ランキング1位

 XMtrading(XMトレーディング)

第1位は海外FXの定番XM

最高レバレッジ最高888倍。ゼロカットシステムを採用していて追証なし。豊富なボーナスが人気の要因の1つ。日本語サポートも充実していて、ライブチャットで質問出来たりするので安心して使えます。双方向のオンラインセミナーなども行っており日本人にやさしい業者です。顧客満足度ナンバーワン。海外FXデビューするならXMですね。

日本人が最も利用している海外FX業者です。一番人気おススメ

口座開設もサクッと3分もあれば完了します。デモ口座有。入金不要の口座開設ボーナス3000円有り。

ビットウォレット(Bitwallet)にも対応していて入出金も安心。デモ口座有。

 

XMトレード・口座開設 参考ブログ

https://fx-kaigai-trade-blog.com/

 

海外FX業者ランキング2位 

AXIORY(アキシオリー)

レバレッジ最大400倍設定可能。ゼロカットシステム追証なし。MT4に加えて、為替の板情報も見れるcTraderプラットフォームも利用出来ます。透明性重視の支持率の高い人気のFXブローカー。

ビットウォレット(Bitwallet)にも対応していて入出金も安心。デモ口座有。

 海外FX業者ランキング3位 

TitanFX(タイタンFX) 

レバレッジ最大500倍設定可能。ゼロカットシステムで追証なし。約定力・約定スピードに定評あり。業界最狭スプレッドを謳い文句にしているだけあってスキャルピング派のトレーダーがよく利用しています。

ビットウォレット(Bitwallet)にも対応していて入出金も安心。デモ口座有。

海外FX

海外FX会社ランキング|FXがトレーダーの中で勢いよく拡大した理由の1つが…。

投稿日:

海外FXブローカー紹介サイトをピックアップ


スプレッドと称されているのは、トレードを行なう際の「買値と売値の差額」のことです。このスプレッドこそがFX会社の儲けであり、FX会社次第で提示している金額が違っています。
FXがトレーダーの中で勢いよく拡大した理由の1つが、売買手数料がビックリするくらい割安だということです。これからFXをスタートするという人は、スプレッドの低いFX会社を選定することも必要不可欠です。
証拠金を納めてある通貨を購入し、そのまま所有し続けていることを「ポジションを持つ」と言っています。その一方で、維持している通貨を売ることを「ポジションの解消」と言うわけです。
スプレッドというのは外貨の売り値と買い値の差のことで、FX会社の売り上げになる売買手数料とも解釈できるものですが、各FX会社で独自にスプレッド幅を導入しているのです。
スキャルピングと申しますのは、1取り引きで1円未満という僅かばかりの利幅を求め、日々何回もの取引を敢行して薄利を積み増す、一つの取り引き手法です。

デモトレードと申しますのは、仮想の通貨でトレードにトライすることを言います。300万円など、ご自身で決定したバーチャルマネーが入ったデモ口座を開設することができ、実際のトレードと同様の環境で練習が可能だと言えます。
為替の動きを予想するための手法として有名なのが、ファンダメンタル分析とテクニカル分析ですが、より重要だとされているのは「チャートの流れを読み取って、極近い将来の為替の方向性を推測する」テクニカル分析だと言えます。
それぞれのFX会社が仮想通貨を利用したデモトレード(トレード体験)環境を準備してくれています。自分自身のお金を投資することなくデモトレード(トレード体験)が可能ですから、率先して試していただきたいです。
テクニカル分析と称されているのは、為替の値動きをチャートで表わし、更にはそのチャートを基本に、それから先の為替の動きを推測するという手法になります。このテクニカル分析は、いつ売買したらいいかを知る時に有効なわけです。
利益をあげるためには、為替レートが注文を入れた時のレートよりも有利な方に振れるまで待たざるを得ません。この状態を「ポジションを保有する」と言っているのです。

FX取引をやる以上見過ごせないスワップと言いますのは、外貨預金の「金利」だと思ってください。けれども丸っきし異なる部分があり、この「金利」については「貰うばっかりではなく徴収されることもある」のです。
相場の流れも理解できていない状態での短期取引では、リスクが大き過ぎます。当たり前ですが、長年の経験と知識が求められますから、まだまだ駆け出しの人にはスキャルピングは止めるべきだと言いたいです。
実際的には、本番トレード環境とデモトレード環境を海外FX優良業者ランキングサイトで比較してみると、前者の方が「1回のトレードあたり1pips位儲けが減少する」と考えていた方がいいでしょう。
テクニカル分析を実施するという時のやり方としては、大きく括ると2種類あります。チャートに表記された内容を「人間が自分自身の判断のもと分析する」というものと、「分析専用プログラムが独自に分析する」というものです。
システムトレードに関しましても、新たに売買する際に、証拠金余力が要される証拠金の額を上回っていない場合は、新規に注文を入れることはできないことになっているのです。

海外FX関連サイトをピックアップ

-海外FX

Copyright© 海外FX比較ランキング 海外優良FX業者3選 , 2019 All Rights Reserved.