おすすめ厳選 安心して使える人気の海外優良FX業者3選! XM,TitanFX,AXIORY!

海外FX比較ランキング 海外優良FX業者3選

海外FX業者ランキング1位

 XMtrading(XMトレーディング)

第1位は海外FXの定番XM

最高レバレッジ最高888倍。ゼロカットシステムを採用していて追証なし。豊富なボーナスが人気の要因の1つ。日本語サポートも充実していて、ライブチャットで質問出来たりするので安心して使えます。双方向のオンラインセミナーなども行っており日本人にやさしい業者です。顧客満足度ナンバーワン。海外FXデビューするならXMですね。

日本人が最も利用している海外FX業者です。一番人気おススメ

口座開設もサクッと3分もあれば完了します。デモ口座有。入金不要の口座開設ボーナス3000円有り。

ビットウォレット(Bitwallet)にも対応していて入出金も安心。デモ口座有。

 

XMトレード・口座開設 参考ブログ

https://fx-kaigai-trade-blog.com/

 

海外FX業者ランキング2位 

AXIORY(アキシオリー)

レバレッジ最大400倍設定可能。ゼロカットシステム追証なし。MT4に加えて、為替の板情報も見れるcTraderプラットフォームも利用出来ます。透明性重視の支持率の高い人気のFXブローカー。

ビットウォレット(Bitwallet)にも対応していて入出金も安心。デモ口座有。

 海外FX業者ランキング3位 

TitanFX(タイタンFX) 

レバレッジ最大500倍設定可能。ゼロカットシステムで追証なし。約定力・約定スピードに定評あり。業界最狭スプレッドを謳い文句にしているだけあってスキャルピング派のトレーダーがよく利用しています。

ビットウォレット(Bitwallet)にも対応していて入出金も安心。デモ口座有。

海外FX

海外FX比較|スイングトレードだとすれば…。

投稿日:

ハイレバレッジ可能な海外FX会社


MT4と申しますのは、ロシアの企業が開発したFXトレーディング用ソフトです。利用料なしで使用可能で、尚且つ超絶機能装備というわけで、目下のところFXトレーダーからの評価も上がっています。
システムトレードと称されるものは、PCプログラムによる自動売買取引のことで、前もって規則を決定しておき、それに従う形で強制的に売買を繰り返すという取引になります。
各FX会社は仮想通貨で売買するデモトレード(トレード体験)環境を一般に提供しております。全くお金を費やさずに仮想トレード(デモトレード)が可能ですので、率先して試してみるといいと思います。
FX口座開設そのものは“0円”になっている業者が大半ですから、若干時間は必要としますが、3つ以上の業者で開設し現実に取引しながら、あなた自身にフィットするFX業者を選定しましょう。
スキャルピングという売買法は、割と予知しやすい中期~長期の世の中の変化などは看過し、確率2分の1の勝負を直感的に、かつ間断なく続けるというようなものだと言えるでしょう。

スキャルピングとは、数秒から数十秒という時間で数銭~数十銭という利益を得ていく超短期取引のことで、テクニカル指標とかチャートに基づいて「売り・買い」するというものなのです。
デイトレードにつきましては、通貨ペアの選定も重要です。はっきり言って、動きが見られる通貨ペアを選ばないと、デイトレードで資産を増やすことは無理だと言えます。
スプレッドというものは、FX会社によって結構開きがあり、トレーダーがFXで儲けるためには、トレードする際のスプレッド差が僅少であればあるほど有利だと言えますから、この点を前提にFX会社をチョイスすることが大切だと思います。
テクニカル分析と言いますのは、相場の動きをチャートという形で表示して、更にはそのチャートを踏まえて、近い将来の値動きを読み解くという分析法です。このテクニカル分析は、売買すべき時期を把握する際に実施されます。
FXに関して調査していきますと、MT4という横文字を目にすることが多いです。MT4というのは、使用料なしにて使うことが可能なFXソフトのネーミングで、いろいろ活用できるチャートや自動売買機能が搭載されている売買ツールのことを指すのです。

ポジションにつきましては、「買いポジション」と「売りポジション」があるわけですが、このポジションとは、「買い」または「売り」の取り引きをしたまま、決済することなくその状態を持続している注文のことになります。
証拠金を拠出して特定の通貨を買い、そのまま保有し続けていることを「ポジションを持つ」と言っています。それに対し、キープしている通貨を売って手放すことを「ポジションの解消」と言うわけです。
金利が高い通貨だけを対象にして、その後保有することでスワップポイントが受け取れるので、このスワップポイントをもらおうとFXをする人も少なくないのだそうです。
スイングトレードだとすれば、いくら短期でも数日間、長期の時は数ヶ月にも亘るような売買になりますので、連日放送されているニュースなどを見ながら、数ヶ月単位の世界経済の状況を類推しトレードできるというわけです。
システムトレードでは、自動売買プログラム(EA)の設定に従ってテクニカルポイントに到達した時に、システムが機械的に売買をしてくれるというわけです。しかしながら、自動売買プログラムに関しては使用者本人がチョイスします。

海外FX関連サイトをピックアップ

-海外FX

Copyright© 海外FX比較ランキング 海外優良FX業者3選 , 2019 All Rights Reserved.